So-net無料ブログ作成
検索選択

三菱樹脂の野望 [MSX]

この3種のROMカードを見よ。

p3058.jpg

左から

セガマイカード、MSXのBEカード、PCエンジンのHuカード

である。

今回は可能な限り「似たソフト」を並べてみた。

 スターフォースなんて、MSX版の方が印刷が綺麗に見えますが、ほぼ同時期の製品です。

せいぜいPCエンジンがこの中では後発、という認識ですがね。

わたしはこの「良く似たソフト群」には何かの法則があると思っていました。

この3種のうち2種、MSXとPCエンジンにおいては、やたらにハドソンがそのソフトを供給しており、てっきり「ハドソン1社の意向で」進められた企画だと思ったのですが、セガのマイカードだけはどうしても「ハドソン」の名前が出てきません。

当時、ハドソンという会社はなぜかセガのSG(マークⅢ)に対し、ソフトの供給が全くないメーカーなんです。

ですんで、マイカードはなぜ、こんなに似ているのに非ハドソンなのか、それが長年の謎でした。

それはWikipediaの記述にありました。

これも偶然見ただけですし、Wikipediaが絶対に正しい保障はないのですが、恐らく間違いのない情報と信じてみると、それは「三菱樹脂」というメーカーの売り込み突っ走りだったのだな。。。

と判明します。

この3種はピン配列や記録されたプログラムに違いはあっても、内部的にはほぼ同じものになるそうです。

2010年の現在においても、この小ささはまだ通用するんじゃないかと思ったりします。

1チップMSXのフロント下部にでもこのスロットがあれば、とか、書き込み可能なカードROMが発売されれば、マークⅢやMSXやPCエンジンが、超小型筐体で「新発売」なんてなれば面白いのに。。。。

とか思いました。

現在の技術水準なら、PSPNintendoDSに順ずるような機体が作れそうな。。。

まあ、やるメーカーはないでしょうけどね。。。

 


MSXで光マウス。 [MSX]

現在、少しずつ掃除が進んでいるFS-A1F。

p3052.jpg

こんな感じですが。。。

今回はMSXにマウスを使うテストです。

A1GTのMSXVIEWとかHALNOTEとか。。。まあ、MSXでもマウスを使うことはありますね。

でもテストはA1Fの内蔵ソフトで十分でしょう。

Sh-U君から珍しいものをいただいておりましたので、ここにレビューを。

p3053.jpg

これはMSXのアタリポートにPS2マウスを接続するものです。

しかし、PS2マウスといえば、そのほとんどがトラックボールマウスであり、

ゴミが詰まって動かなくなってイライラするのはMSX用の古いマウスと同じ感覚でどうも好きになれません。

そこで、こんなことしました。

p3054.jpg

PS2をUSBに変換するコンバータとUSB光学マウス。

危なげな接続。。。(もげてしまいそう)

p3055.jpg

接続したら、ちゃんと光ってます。MSXからの給電で。

p3056.jpg

動作はどうかってえと。。。

p3057.jpg

動いてます!ちょっと動きが早いか?

しかしMSXで光マウスが使えるのはちょっと感動です。まさに20年の隔世の技術の邂逅を見た感じです。

素晴らしい。

これでもう2度と「トラックボールマウス」を使う事はないでしょう。

まじで。

 


タグ:マウス MSX

SH-DJ1200 [オーディオ]

ハードオフで入手。Technicsのミキサーです。

p3044.jpg

まあ、「THE OFFICIAL WORLD DJ CHAMPIONSHIP MIXER」

と書かれてるのを見てわかる通り、DJ用のミキサーです。

が、わたしはこれを「オーディオ用」として評価してみます。

DJ用ですんで、いわゆる「バス気味」な印象を持ちますが、メーカーが松下なもんで、F特の優れた所を期待してしまいます。

それとやはり気になるのは「フォノイコの音質」に尽きます。

良さげに見えるんですよなんとなく。

で、今回はSL-1600をつなぎました。

p3045.jpg

TechnicsにTechnics。

今回は前川清の「Kiyoshi」で。

p3049.jpg

お約束のYMOの記述です。

p3047.jpg

坂本龍一のドラムも聞けます。

p3046.jpg

で、まあ、評価ですが、なかなか良い音です。フォノイコもMM専にしてはかなりの音質です。

DJ用でありながら、「きめの細かい音」で、解像感が高いですね。

トーンコントロールをいじると音が過激に変化するので、なるほどDJ向けヒップホップ向けだなあ

と納得しました。

こいつは「オーディオ」として使えます。

ただ、この機体が使い込まれた結果なのか、もともとの仕様かわかりませんが、ピークで音が割れました。

ですんで、そのへん気になる人には勧められません。

でも、出音はとても綺麗でした。

p3050.jpg

ハードオフで、わたしの所有していなかったレコードを見つけたので買いました。100円。

p3048.jpg

これはYMOのメンバー+αの人たちが奏でる「70年代ディスコ」ですね。

ハードオフ最高!!

で、このレコード、大ヒット曲「アメリカンフィーリング」のところにカビが生えててもの凄いガリガリ音を聴かせてくれました。

まあ、カビは洗うことが可能ですがね。。。

このあといろいろとレコードを引っ張り出して、また聴いてましたよ。。。。

そのくらいこのミキサーは「安心して」使える製品でした。

ちなみに本体底部に予備のスライダーが2本。

p3051.jpg

バッチリ入ってました。

とてもお買い得でした。

ハードオフの素敵なお買い物はMSXに限らないんですよ。

 

 


謹賀新年 [ゲーム]

あけましておめでとうございます。

p3040.jpg

さすが貫禄のメガドラ兄さんです。

MSXも一応飾ってみました。

p3041.jpg

すげえなあセガは。

p3042.jpg

今年もよろしく。

 


スクランブルフォーメーション [MSX]

ニコニコ動画が混んでるから、たまにはブログをつける(なんだそりゃ)

さて。わたしが小学校中学校の頃には「インベーダーハウス」や駄菓子屋が「俺のゲームセンター」だったから、ゼビウスのソルとフラッグの配置は完全に掌握し、いわゆる100万点も突破した。

最初期のゲームってのは、インベーダー、ギャラクシアン、ギャラガ、ゼビウスなどの「縦シュー」が多かったよね。昭和50年代には。

だからレトロゲームを語る上では「当時の縦シュー」がどの程度心にあるかは「基準」にしても良いと思う。

縦シューが苦手な人は「ゲームが嫌い」になる法則があったんじゃなかろうか?

(でもシューティングでないパックマンやらディグダグ、マッピーも縦画面。あろう事か横シューのスクランブルも縦画面だったけども。。。)

そんなわたしも高校生の頃はあまりなんでもかんでもやることはなくなってしまっていた。

柔道部員だったんで、機会が減っていたこともある。

ただ「縦シュー」には反応する「本能が」あったようだ。

ゲームセンターでチラ見しただけで一度も遊んだ事がないゲームがある。

のに、異様に「心に残ってしまった画面」があった。

その画面ってのは「国会議事堂のシューティング」なんです。

あ、綺麗

それだけが異常に残像化していたんですね。。。

年末年始の年賀状配達のアルバイトでFS-A1Fを買う時に、本体と一緒に買ったのはその「国会議事堂のシューティング」。

ファミコンでは不可能な256色グラフィック!

で、実際買ってみたら、背景だけは綺麗なんです。背景だけは!!

でも実際ちらちらする敵機(スプライトの限界?)

とファミコンより色艶のないPSG音源の寂しげな音の「鳴り方」

とまあ、悲惨にも

買ったばかりのFS-A1Fの「悪いところばかり強調するソフト」

にガックリしたもんです。

あれから22年。なんとPS2で売られてたんですね「アーケード版」が。

タイトーメモリーズ2上巻です。

p3025.jpg

買ったのはただ一筋に「スクランブルフォーメーション」の為だけに!

p3026.jpg

これだ。

これだよ!

p3027.jpg

それからMSX版では容量の都合で?カットされた

今はなき後楽園球場

p3028.jpg

横で東京ドームが建設中。

とまあ、「当時の東京」がドット絵で再現されてます。

MSX版はMSX-GRでキャプチャしました。

p3029.jpg

p3030.jpg

画像だけだとMSX版が綺麗に見えますよね。

このゲーム移植されたのがMSX2だけってのがなんとも。。。

わりとマイナーなんすね。

アーケード版は今回初めてプレイしましたが、MSX版と違ってちらちらしない、音源はブイブイのギュワーンで、ちょっと音痴?

でもって攻撃が激しいです。

MSX版に慣れたわたしにはキツイものがありましたね。

かなりの違和感です。

p3037.jpg

んな所。

 

 

 


ファミコン版とMSX版 [MSX]

これだよ。。。見た目はほとんど「一緒」だんべ????

p3013.jpg

当時わたしは「ファミコン版」を買って遊んでおりました。

とても面白いゲームだ。と単純に思ってました。

MSX版も売っているのをよく見かけましたが、「内容が違うとは思われず」いつも無視して生活してました。こうして並べてみても全く「同じソフト」ですよね?????

だから、続編の「メタルギア2ソリッドスネーク」は欲しいものだと真っ直ぐにおもったのですが。。。

ノロマなわたしは時流に乗るのが一歩遅く、気が付くと、プレミア価格15000円以上になっていたのが1990年代中期ごろからでしょうか?

いくら欲しいとおもっても17800円とか25000円なんて値段で見かけると、とても「買おう」とは思えず、10年は過ぎ去りましたね。。。。

その間に「プレイステーションのメタルギアソリッド」が発売されたりしました。もちろん嵌まりました。

いや、そんなことより「MSX版とファミコン版の内容が全く違う」なんて21世紀になって初めて知ったのですから。。。。つうかさあ「MSX2版なのにセーブはカセットテープに」って凄い仕様です。似合わないよMSX2にカセットテープは。

カセットテープに「セーブ」ですかああああ!!!!!みたいな。

ノロマなわたしは時流に乗るのが一歩遅い

いつかはMSX版を遊ぼうと思ってたら、メタルギアソリッド3に「リメイク版」が同梱されましたね。あのプレミアの「2」とともに。。。。

でも買っちゃいました。「2」

p3014.jpg

やっぱSCCは実機(それもFS-A1F)の音量バランスが一番だと思いましたよ。

スタローンにそっくりなスネークも見ものですし自慢ですし。。。。

そんな今日ご紹介するのはラリーXです。

p3016.jpg

ちゃんとボーナス面も再現!!

p3017.jpgp3018.jpg

え?話が急に変わった???

いやいや今日のお題は

「ファミコン未発売のMSXソフト」についてでした!!!

ちゃんちゃん

 


多くのMSXユーザーに馴染みのない音 [MSX]

ニコニコ動画を見ている人限定になりますが。

これがSFG-01(05)の音です。

MSXらしからぬステレオです。

これにRX-11というドラムマシンまで同期させてます。

RX-11なんて特に知らないものだったのですが、当時としては珍しい最初期の頃の

PCMドラムマシンのようです。

だから当時の状況からすると「最先端の」コンピューターミュージック

になりますね。


ハンドルネーム変更しました。

ドリアン

よりも

牛鳥庵。

のほうがいいと多くの方から反響を得ましたので、
変更します。

 
牛鳥庵.gif
まだgoogleでも使っている人がいないことを検証しております。
よって、ありそうでなかった名前ですか??

ちなみにわたしの父は  牛年
    わたしは      鳥年

単なる語呂合わせでしかなかったのですが、こうしてみると意味深長ですかね。。。

よろしくおねがいします。

MSXでDTM [MSX]

更新さぼってすみません。

さてMSXでDTMですが、じつは様々な方法論が存在します。

現在最先端の方たちが使うMMLとかPLAY文などは「脳みそ文系」のわたしにはとても使いこなせません

今だに。。(へぼユーザーです。。。)

だからPSG+SCC+FM音源(OPLL)なんてのはわたしには「難しい」で終わりです。

やれる人が羨ましいです正直。

でも実際はあの当時そうゆう人に対するアプローチが数多く存在したのも事実です。

当時のわたしにはYAMAHAのMSXだけは「見えてなかった」という言い方が正解だと思います。

存在は知っていても、「YAMAHA機専用のポートとか専用のソフト」という時点で話にならないって感じでした。

MSXを持ってるのに別で「音楽用にYAMAHAの本体を買う金」なんてありゃあしませんって。

そんなわたしでも扱えるソフトがこれです。

p3011.jpg

2.0のほうは当時使ってたものを「買いなおし」ました。

p3012.jpg

3.0は「幸運にも入手」しました。レア物です。

MSX MAGAZINE永久保存版3に収録されてます。

でも「実機で扱う」ことを主体に考えた場合、やっぱりこれが良さそうですね。。。

2.0はFM音源(OPLL)専用です。

3.0はFM音源(OPLL)とPSGが扱えます。

この違いは大きいです。

曲を作ろうかとも思いますが、まだまだ「蒐集」が不足です。

というか興味があっちこっち逸れ易いわたしの性格が最も問題ですか?

 


SFG-05 [MSX]

幸運にも入手できたFM音源。

p3008.jpg

コネクタが60ピンカ-ドエッジだそうです。

ファミコンと一緒らしいです。

ジャン。

PICT3186.jpg

 

PICT3185.jpg

ああピッタリ!  (くだらねえー)

そして彼らは「押入れ収納」されてしまいました。

こんなことの為にSFG-05を買ったのか?!俺は!??

 


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。